fbpx
Loader
Vargas & Lagola - "The Butterfly Effect"

ヴァーガス&ラゴラが、ついにデビューアルバム「The Butterfly Effect」をリリース!

この記事を English (英語)で読む

スウェーデンの作詞作曲プロデュースの二人組 ヴァーガス&ラゴラ(Vargas&Lagola)。
彼らVincent PontareとSalem Al Fakirの二人が、デビューアルバム「The Butterfly Effect」をリリースした。

ヴァーガス&ラゴラ は、長年にわたってアヴィーチー、スウェディッシュ・ハウス・マフィア、ケイティ・ペリー、マドンナ、ゴースト、エイサップ ロッキーなどのアーティストたちのために曲を書き、ヒット曲を飛ばしてきたが、今回は初めて彼らが自分たちの名前でリリースする初のフルアルバムだ。じつに待った価値があった!

シカゴ、フリートウッドマック、ザ・ビーチボーイズ、ジミ・ヘンドリックス、90年代のヒップホップなどからインスピレーションを受けた ヴァーガス&ラゴラ は、このアルバムではプログラミングにあまり頼らず、生の楽器を使用することにこだわった。

その結果は、頂点を極めるアーティストたちの時代を超越したポップミュージックの折衷ミックス。「Darkest Before The Dawn」のサイケデリックなグルーブから、「Hurts To Be Hurt」の70年代風アコースティック・ポップサウンドまで、豊かなリバーブ、風変わりなギタートーン、引きこまれるビートなど、珍しい宝物がこのアルバム「The Butterfly Effect」には詰められている。
アルバムには、ウータン・クランのゴーストフェイス・キラー、そしてグラミー受賞プロデューサーLudwigGöranssonとのゲストコラボも含まれている。

「The Butterfly Effect」について、ヴァーガス&ラゴラが語る。

「このファーストアルバムは、外の世界に、私たちの音楽の実際のランドスケープのニュアンスを持つパレットを提供するという試みだった。ようやくそれを共有できることは、私たちにとって深い意義のあることだ。

私たちは自分たちの作品に境界をひかないようにしている。私たちが好む曲のほとんどは、そんなこだわりと同様の考え方や構成に基づいている。結局のところ、最も重要なことは、音楽がヒップホップ、ポップ、またはロックの範囲内におさまるものかどうか、ではないんだ」

Follow Vargas & Lagola: Website | Facebook | Instagram | Twitter | Spotify | Apple Music | YouTube

「Hurts To Be Hurt」や他のTrend & Chaos(トレンド&カオス)のオススメを Spotify Discover Playlist.で聞こう。

Sean Mosher-Smith - Indie Design Deal

この記事を English (英語)で読む

Sean Mosher-Smith - Indie Design Deal
Trend and Chaos
denmnyc@gmail.com